Back To The Top

冬の便秘対策

2020-01-12

お正月が明けて、慣れない身体を引きずり
ながら、なんとか1週間を過ごされた方も
いらっしゃるのでは?

そしてたいていのお客様が悩んでおられ
ました・・・便秘!!!

#冬の便秘はどうしてなるのか?

●お餅の食べ過ぎ!
お米の主成分はでんぷん、これは消化され
やすいものなので、決して便秘になりやすい
食材ではありません。

ただ、おいしいからとお餅ばかりを食べて
しまうとおなかが膨れて、ついついお餅だけ
で食事を終えていませんか?

すると、おなかのなかでお餅同士がくっつ
いて、排出されにくくなります。

さらに、水分をあまり摂らずに食べると、
お餅同士の癒着がより強固になり、消化
されにくくなってしまいます。

つまり、お餅が直接便秘を引き起こすのでは
なく、お餅だけでおなかが膨れてしまい、
ほかのおかず、とくに野菜などの食物繊維を
食べる量が減ってしまうことが大きな原因と
なっています。

●水分不足
冬は夏ほど喉の渇きを感じにくいため、1日の
水分摂取量が少なくなったり、空気が乾燥して
気づかないうちに、身体から気化熱として水分が
奪われてしまい、体内の水分が不足し排便が困難に。

●運動不足
寒くなるとつい家の中で過ごす時間が増え、運動
不足になり、腸の働きが低下してしまいます。

●冷えと自律神経の乱れ
身体が冷えてしまうと腸の蠕動運動が鈍くなります。
また、体温を逃がさない様にするために血管を収縮
させる交感神経が優位に働き、副交感神経の働きが
下がることでも、腸の動きが鈍くなります。

#冬の便秘対策

・お野菜などの食物繊維を摂りながら、お餅を
食べる量はほどほどにして、水分を摂りながら
よくかんで食べること。

・喉が渇いたと感じる前になるべく暖かいもので
こまめに水分補給しましょう。

・家の中でもできるストレッチや軽い筋トレなど
取り入れてみましょう。

・眠っている間は副交感神経が優位に働き、腸の
働きも活発になるので、睡眠不足にならない様に
気をつけましょう。

ただでさえ、脂肪のつきやすい冬。
便秘にも気をつけて過ごしたいものですね。

お正月太りが気になる方はViestaの特別メニューを
ご用意してお待ちしております!

ご予約お待ちしております(^_-)-☆

♪ Viesta ♪
富山市掛尾町453
076ー461ー3393
E-mail:mail@viesta.jp
HP:http://viesta.jp/

Copyright(c) 2014 viesta All Rights Reserved.